ハローワークでできること

2017年8月7日

スポンサーリンク



ハローワークは無料の職業紹介業

ハローワーク(公共職業安定所、通称ハローワーク)とは、職業紹介事業を営む主体として、国によって運営されています

 

職業紹介とは、仕事を求めている求職者と人材を求めている求人者(事業主)からそれぞれ求職と求人の申込みを受け、求職者と求人者の間に雇用関係(労働契約)が成立するように斡旋することをいいます

 

職業紹介を通して、労働力の需要と供給をマッチさせることが、ハローワークの基本的な業務というわけです

 

また各種相談やセミナー、職業訓練の斡旋などを行い、求人・求職のサポートを行っています

 

ハローワークでできること

ハローワークは無料の職業紹介業

①職業紹介

ハローワークでは、単に求人情報を知るだけでなく、就職に向けた様々なサービスを受けることができます

 

窓口における相談サービスでは、仕事選びやそのための自己分析、希望条件の決定、技能等が必要な場合の職業訓練に関する相談などについても支援を受けることができます。

 

さらに、求人に応募するにあたっては、履歴書等や職務経歴書の書き方、面接の受け方などのセミナーや、窓口におけるアドバイスも受けることが可能ですし、紹介状を発行してもらうこともできます

 

またハローワークインターネットサービスでは、WEB上で求人検索などもできるようになっています

 

②職業訓練の斡旋

ハローワークでは、求職者に対し、職業訓練を受けることについて斡旋を行っています

職業訓練学校では、知識や技能を身につけ、就職につなげてもらうための職業訓練を実施しています

 

期間は3ヶ月〜1年ほどです

 

基本的には無料(テキスト代などの負担はあり)または低価格で様々な職業訓練を受けられ、訓練の学校、内容、受給者の状況によっては、給付金等の援助を受けながら学校に通うこともできます

 

給付金を貰いながらスキルアップ

 

 

③雇用保険手続

ハローワークでは各種雇用保険関係の手続が行えます

失業した場合に貰える基本手当の条件は?

 

再就職した場合に貰える就職促進給付

 

職業訓練を受講した方が対象の「教育訓練給付」

 

その他にも高齢者の再雇用に伴う「高年齢雇用継続給付」、育児休業中の方が対象の「育児休業給付」、介護で働けない状況の方が対象の「介護休業給付」などがあります

 

雇用保険制度は、失業した人を再就職するためのサポートをしてくれる役割などがあります

 

 

他にも、教育訓練を受けたい方や働きたいが賃金が低下してしまった高齢者、育児のために一時的に仕事を休む方など、失業者以外の人たちにも雇用保険はサポートしてくれます

 

 

一般的に失業保険と呼ばれる制度は、雇用保険の基本手当のことをいいます

 

 

僕は失業するまでは、ハローワークに1度も行ったことがありませんでした

また雇用保険料を毎月払っていても、実際に失業するまでは、どんな制度なのか

よく理解していませんでした

 

 

失業や転職する際には、積極的にハローワークで雇用保険の制度を活用しましょう

 

 

 

 

スポンサーリンク