怪我や病気で働けなかったらどうするの?

2017年8月28日

スポンサーリンク



現在、働いている人は傷病手当金

僕は椎間板ヘルニアが悪化して、救急車で運ばれそのまま入院、手術を経験しました

 

初めは、すぐ仕事に復帰出来るだろうと考え、勤め先の社長も有給休暇扱いにしてくれるはずでした

 

しかし、すぐに職場復帰は出来ず社長から、有給扱いではなく、傷病手当金を申請するように言われました

 

僕の借金体験談

 

 

傷病手当金の申請手順と金額、支給日について

傷病手当金とは、社会保険に加入している人が、雇用期間中に病気やケガで働けない期間が4日以上になった場合に社会保険から給付される手当です

 

申請先は健康保険被保険者証(健康保険証)に記載されている管轄の協会けんぽ支部です

申請手順は下記の通りです

 

申請書は、管轄の協会けんぽ支部でもらうか、ホームページから印刷できます

※僕はホームページからダウンロードして、印刷しました

 

 

1.医師の証明

病気の治療のために、働くことができないことの証明が必要となります

※病院によっては、証明書の発行に時間がかかる場合があります。僕は直接、担当医に言ってその日に書いて貰いました

 

2.事業主の証明

会社を休んでいること、休んでいる間の給料の支払い有無などの証明が必要です

 

※書類が会社内で止まって遅くなる場合を想定して、僕は会社に郵送で書類を送ったこと、返信用封筒と切手を同封して、すぐ返信して欲しい旨を会社側に伝えました

 

 

 

3.管轄の協会けんぽ支部に書類を提出

管轄の協会けんぽ支部に傷病手当金支給申請書を提出します。申請書は直接書類を提出しにいくか郵送で送付する方法があります

 

※上記1~3まで行い、実際に振り込まれるまでにかかった日数は約40日です

 

会社から郵送で直接協会けんぽ支部に送って貰える場合もありますが、全て人が関わることなので、後回しにされた場合、それだけ申請が遅れ支給されるのも遅くなります

 

ケガや病気で自分が動けない場合はしょうがありませんが、働けなくなって、給料が貰えない状況で、少しでも早く収入が必要な場合は積極的に自分から動くことも必要かもしれません

 

※僕も手術後、まだ痛みが残るなか松葉杖を使って、協会けんぽ支部に書類を提出しに行きました

 

傷病手当金は、給料の約2/3が支給されます

 

※注意

傷病手当金は申請期間が過ぎてからでないと、申請出来ないので証明書を書いてもらう場合は注意が必要です

 

例として1/1~1/31会社を休んで、この期間給料の支払いがなく傷病手当金を申請する場合は、2/1以降に書いて貰った証明書が必要になります

 

そうすると最短でも、傷病手当金が実際に振り込まれるのは3月中頃になると思います

 

 

現在、失業中で働けない場合は傷病手当

失業中の方で、再就職するまでにケガや病気などで求職活動ができなくなった場合に、雇用保険から給付される傷病手当というものがあります

 

傷病手当金は雇用期間中に起きたケガや病気に対して社会保険から支給されるのに対して、傷病手当は失業期間中に起きたケガや病気などを対象に雇用保険から支給される手当です

 

※まぎらわしいですが、申請する場所も違います。傷病手当の申請は管轄のハローワークになります

 

また支給条件も違い、失業保険受給資格者が離職後、ハローワークに来所し、求職の申込みをした後に15日以上引き続いてケガや病気のために職業に就くことができない場合となります

 

 

傷病手当が給付されている期間は、失業保険の基本手当の給付は貰えません

 

ケガや病気で働けない場合は、悲観したり諦めずにぜひ制度を活用しましょう

 

リアルビジネスOrネットビジネスあなたはどっち?

 

スポンサーリンク