清宮高校通算110号!息子は通算まだ0本!息子レギュラー化計画

シェアする

スポンサーリンク




高校球児はまず体作りから?

ども!息子が高校球児(公立高校2年生)のRYUSEIです

Uー18ワールドカップ南アフリカ戦で、清宮幸太郎選手(東京・早実3年)がWカップ第1号となる、高校通算110号のソロ本塁打を打ちました

試合は、清宮選手の活躍もあり7-0で日本のコールド勝ち、4勝1敗で1次ラウンドB組を2位で通過しました(おめでとうございます)

「高校通算110号」

う~ん、凄すぎですね清宮選手

ボクもニュースで見て、卍でした(←使い方合ってる?)

我が息子はというと、高校2年生ながら、現在のところ通算0号 (-_-)

※秋季大会の真っ最中ですが、いまだ控えでございます

では、清宮選手とうちの息子では同じ人間なのに何が違うのでしょうか?

(全て違うと言われたら、それまでなのですが・・・)

そこで清宮選手と息子とボクを比べてみました


清宮幸太朗(18歳)早稲田実業学校(私立)野球部3年生 右投げ・左打ち 内野手

身長:184㎝ 体重:100㎏


我が息子(17歳)公立高校野球部2年生(硬式) 右投げ・右打ち 内野手(控え)

身長:175㎝(-9㎝) 体重:60㎏(-40㎏


ちなみにボク(アラフォー)遠い昔高校生  右投げ・イチロー打ち スラムダンク世代

身長:180㎝(息子より+5㎝)体重:72㎏(息子より+12㎏)お腹がちょっとポッコリ


う~ん、清宮選手どころか、ボクよりもサイズが小さいです(先日、腕相撲は負けましたが)

清宮選手との差に至っては、身長で-9㎝・体重が-40㎏と、改めて清宮選手の体の大きさが分かります

※それでも息子は、1年生のときより10㎏ぐらい体重が増えています

これでは、到底清宮選手に追いつくどころか(?)レギュラーにすらなれません

まず球に当たっても、せいぜい外野ぐらいまでしか飛ばせるパワーがありません

ところで清宮、毎日何食べてんだ?

アスリートは基本体作りが重要です

うちの息子も、毎日けっこうな量を食べてはいますが、それでも育ち盛りのうえ、毎日の練習がハードなので摂取カロリーよりも、消費カロリーの方が多いのかも知れません

そこで、せめて来年最後の夏までに、息子をレギュラーにすべく、ボクが専属トレーナーとしてサポートします

もちろん、ボクは大して野球やスポーツ全般の知識はないので、これから勉強して息子と一緒に成長したいと思います

高校球児の食事、目指せ体重80㎏!

一般的に、スポーツなど運動をしている高校男子の1日あたりの必要摂取カロリーは、3,000カロリーとのことです

ということは、日々最低でも3,000カロリー以上摂取しないと、体重は増えないわけですよね?

ちなみにご飯どんぶり一杯230カロリーぐらいなので、ご飯だけだと、1日あたりどんぶり10杯食べても足りません

じゃあ、単純に食べる量を増やせば良いのか?と素人ながら疑問に思います

そこで調べてみました

・一回の量を増やすのではなく、食べる回数を増やす

・炭水化物・脂質・タンパク質を多く摂取

・不足する分はサプリメントやプロテインで補う

・十分な負荷と休憩を挟みながら筋肉を成長させる

また、純粋な体重増加である体脂肪1㎏の増加は、7,000カロリーに相当するとのこと

高校生男子に必要な摂取量が3,000カロリーだとすると、毎日4,000カロリーを取り続ければ、一週間で体重を1kg増やすことができるそうです

※余った栄養は脂肪として体内に貯蔵されるので、1,000カロリー×7日分=7,000カロリー

ということは、息子に毎日4,000カロリーを摂取させれば、約3ヶ月で体重を10㎏は増やすことが出来る計算です!

現在は、秋季大会の真っ最中ですが、これが終わると、しばらくの間高校野球は大会などが行なわれず、トレーニング期間となります

ぜひ体重と筋肉を効率よく増やして、打倒清宮(失礼)レギュラー獲得に向けて、息子をサポートしたいと思います

次回は、「高校野球息子をレギャラーに第2弾・技術編」を書きたいと思います

それではまた

高校球児を持つ親の懐事情
高校球児を持つ親の懐事情
高校球児を持つ親の部活にかかるお金について

清宮高校通算110号!息子は通算まだ0本!息子レギュラー化計画
この記事をお届けした
失業保険.netの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする