成功の人格 第3の習慣

スポンサーリンク



最優先事項を優先しよう

第3の習慣は「最優先事項を優先する」

一見ありふれたことのようですが、実は多くの人がその意味を誤解しています

 

それは「時間を管理する」という発想にとらわれてしまっているからです

時間を管理しようとする人は、スケジュール表に隙間なく予定を入れて、すべてスケジュール通りに消化しようとします

 

効率的な毎日を送ることで、バランスがとれ、充実した生活を手に入れられると多くの人が信じています

 

それでは、時間を管理しているのではなく、自分が時間に管理されているだけです

時間は自分の意志に関係なく、刻々と進むものなので、管理しようと思ってもできるものではありません

 

 

管理すべきなのは、「最優先事項を優先する」という行動の順番です

 

行動の順序を考えるとき、4つの領域に分けられます

 

1.緊急で重要なこと

2.緊急ではないが、重要なこと

3.緊急だが、重要でないこと

4.緊急でも重要でもないこと

 

人は、1の「緊急で重要なこと」に時間を割きます。緊急で重要なことなので当然です

しかし、人生を充実させ成長するためには、2の「緊急ではないが、重要なこと」に集中することが必要です

 

例えば、人間関係づくりや仕事や勉強などの準備や計画、健康維持や自己啓発などが当てはまります

 

スケジュール通りに行かず、消化できなかった予定がたくさんあっても、、自分が「最優先事項を優先」した結果ならば、それは自分の人生を生きるということに繋がります

 

「任せる」ことで互いに成長することができる

時間が足りないときは、全部自分でやる必要はありません

 

家庭でも、仕事場でも人に任せるということができれば、自分の時間やエネルギーを他の活動に注ぐことができます

 

自分の時間を使って行動するときは、効率性を考えることも重要ですが、人に任せる場合は効果を考えることが重要です

任せた相手に、どう動いてもらえれば、もっと成果が大きくなるのかを意識することです

 

相手の自覚、想像、良心、意志を尊重して任せます

 

そのためには、事前に相手とよく話し合っておくことが重要です

 

①任せた結果、何を達成したいのか

②守るべき基準やルール

③目標達成のために使えるヒト、モノ、カネなどの資源

④成果の評価基準や進捗の報告を求める時期

⑤評価の内容

 

これらを明確にして、任せることができれば、自分は任せた人を信頼し、任せられた人は考える最良の方法で成果を目指します

 

結果に対してお互いが責任を持ち、自分も相手も成長することができるようになります


成功の人格 第4の習慣

 

スポンサーリンク