成功の人格 第5の習慣

シェアする

スポンサーリンク




まず理解に徹し、そして理解される

第5の習慣は「まず理解に徹し、そして理解される」です

家族、恋人、そして友人に、自分のことを理解してもらいたいという気持ちがあるのに、上手くいかないと思う人は少なくないと思います

それは、自分の言いたい気持ちが先走り、相手のことを理解しようという姿勢が足りないからです

「自分のことを理解してくれる人がいない」と思う前に、まずは自分自身を振り返ってみてください

相手も同じことを思っているかもしれません

相手を理解することに徹すれば、やがて相手は自分の言葉にも耳を傾けてくれるようになります

コミュニケーション手段には、読む・書く・話す・聞くの4つあります

このうち、聞くことがもっとも重要なスキルです

話しを聞くことから、Win-Winの関係が始まります

Win-Winの関係を築くためには、ただ相手の話を聞けばよいのではなく、「共感による傾聴」というスキルが必要です

共感による傾聴とは、相手の目線で話しを聞き、心の底から誠意を持って、相手を理解しようとすることです

相手が「何を言ったか」ではなく、「どう感じたか」に耳を傾けてください

4段階の聞き方で相手を深く理解する

第5の習慣のためには、大きなパラダイムシフト(価値観の転換)が必要です

それは「自叙伝的反応」から「心の底から理解しようという聞き方」への転換です

自叙伝的反応とは、人の話を自分の経験で解釈したり、評価しようという聞き方です

自叙伝的反応で聞いてしまう人は、人が悩みを打ち明けると、「自分もそうだったから君もこうすれば」と自分語りを始めてアドバイスします

自分は相談に乗ってあげたと満足するが、相手は気持ちを理解してくれたとは思えません

上辺だけの傾聴は、相手を傷つけ、最悪人間関係が悪化してしまいます

共感による傾聴の上達のために、4段階の聞き方を紹介します

【第1段階】

話しの中身(キーワード)を繰り返す。これにより、相手の話を注意して聞くようになります

【第2段階】

話しの内容を、自分の言葉に置き換えて言い直します。これにより、話しの内容を考えながら聞くようになります

【第3段階】

相手の感情を自分の言葉で置き換えるあいづちを打ちます。これにより、相手の言葉より相手の感情に注意して聞くようになります

【第4段階】

自分の言葉に置き換えつつ、相手の感情を反映させます。この段階で初めて相手は心を開き、信頼感が生まれます

言葉の正しさでは、人の心は動かせない

コミュニケーションの目的は、最終的に、自分を理解してもらい、相手の行動を引き出すことにあります

理論武装して相手を説得しようと思っても、論破できるかもしれませんが、相手の心は頑なに閉ざし、お互いのメリットになるような行動を促すことは難しくなります

人は「あの人に付いていこう」と思うとき、その人が「何を言ったか」ではなく、その人が「どういう人物か」で決めています

自分の意見を尊重してほしいと思うのであれば、まずは「付いていきたい」と思われる人物になることを目指しましょう

普段から、周りといい人間関係を築いておくことで、初めて正しいことを周りに「正しい」と認めてもらえるようになるのです

自分がどんな厳しい不利な状況でも、人は黙って運命を共にしてくれるようになります


成功の人格 第6の習慣
成功の人格 第6の習慣
人生のすべてに成功の原則がある あなたは「7つの習慣」をご存じですか?

成功の人格 第5の習慣
この記事をお届けした
失業保険.netの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする