ホントに景気は回復しているの?最新、都道府県別求人&失業率ランキング

シェアする

スポンサーリンク




最新有効求人倍率

2017年7月現在の全国の有効求人倍率は1.52となっています

これは、27年前バブル期のピークだった1990年7月(1.46倍)よりも高い数字で、今年に入ってからも5ヶ月連続で有効求人倍率が上昇しているなど、以前高い状態が続いています

有効求人倍率とは、求人数(仕事の数)を仕事をしたい人の数で割ったものです

世の中にどれくらい求人(仕事)があって、それにどれくらい応募(仕事をしたい人)があるかを表しています

例として、求人が100件で、200人応募したら、有効求人倍率は0.5です(100÷200)

逆に、求人が200件あり、応募が100人しかいない場合の有効求人倍率は2です(200÷100)

都道府県別に見ると、福井県の2.11が全国1位となっており、これは1人あたりの求人件数が2件以上あることを示しています

全国最下位は北海道の1.09で、それでも1人あたりの求人件数は1件以上あります

有効求人倍率は、 景気とほぼ一致して動くので、景気の状態を判断する指標として使われます

リーマンショックが起きた翌年2009年の有効求人倍率は0.47だったので、そこから考えると、かなり景気が回復してきたという見方が出来ます

都道府県別有効求人倍率ランキング|2017年7月現在

順位都道府県倍率順位都道府県倍率順位都道府県倍率
1福井2.1117群馬1.5733秋田1.34
2東京2.1017静岡1.5734和歌山1.33
3石川1.8817京都1.5735滋賀1.31
4愛知1.8420山形1.5636兵庫1.30
5富山1.8321新潟1.5236奈良1.30
6岡山1.8221愛媛1.5238青森1.24
7岐阜1.8023山口1.5138埼玉1.24
7広島1.8024福岡1.5038佐賀1.24
9香川1.7325茨城1.4841鹿児島1.23
10島根1.6826福島1.4442千葉1.22
11熊本1.6626宮崎1.4443神奈川1.20
12三重1.6528大分1.4244高知1.16
12鳥取1.6529岩手1.4144長崎1.16
14長野1.6330山梨1.3846沖縄1.15
15宮城1.6231徳島1.3747北海道1.09
16大阪1.6032栃木1.35

最新完全失業率

完全失業率とは、労働力人口(15歳以上の働く意欲のある人)に対する完全失業者(職がなく、求職活動をしている人)の割合です。例えば、完全失業率が5%であった場合、1,000人中50人が失業しているということです

2017年4月~6月までの完全失業率の全国平均は3%で、1,000人中30人が失業していることになります

失業したらコチラ

完全失業者とは働く意思はあるが、所得が伴わない状態の求職者のことを指します

求職活動をしていない主婦や学生、引きこもりなどは完全失業者には含まれません

また、アルバイトなどで所得があり、生計を立てている人も失業者には含まれません

完全失業率も景気を表す指標として、有効求人倍率と並んで雇用動向を把握する際に使われます。ただし、有効求人倍率に比べ、完全失業率は景気の遅効指数と言われていて、一般的な景気動向よりも3ヶ月~半年遅れて動く傾向にあります

都道府県別完全失業率ランキング|2017年4~6月平均(ワースト順)

順位都道府県倍率順位都道府県倍率順位都道府県倍率
1北海道4.017新潟2.832山口2.3
2沖縄3.717京都2.834山梨2.2
3熊本3.617香川2.834徳島2.2
4青森3.520愛知2.734愛媛2.2
4高知3.521岩手2.637福井2.1
6福岡3.421茨城2.637長野2.1
7大阪3.321富山2.639山形2.0
8神奈川3.221奈良2.639石川2.0
9埼玉3.121大分2.639鳥取2.0
10宮城3.026福島2.542群馬1.9
10秋田3.026岡山2.542三重1.9
10兵庫3.026広島2.544宮崎1.8
10長崎3.026佐賀2.545滋賀1.6
14千葉2.930栃木2.445和歌山1.6
14東京2.930静岡2.447島根1.4
14鹿児島2.932岐阜2.3

有効求人倍率と完全失業率との相関関係

完全失業率を都道府県別に見ると、ワーストは北海道の4%で、1,000人中40人が働く意思はあるが、仕事がなく求職状態にあるという見方が出来ます

北海道の有効求人倍率は2017年7月現在1.09となっていて、これは1人に対しての求人件数が1件以上あることを示しています

では、なぜ景気は回復傾向で求人倍率も良くなってきているのに、こんなにも失業者がいるのでしょうか?

有効求人倍率は改善しているのに、完全失業率が高い状態が続く場合は、求職者は正社員での就職を求めて探しているが、ハローワークに出ている求人案件にはパートや契約社員が多いので、就職できず求職状態にあるといった見方ができます

ハローワークでできること

今後の日本はどうなることが予想される?

2017年現在、非正規雇用で働く人達の数は、全労働力人口の約4割近い数字になっています

働いている人の2.5人に1人は、非正規雇用で働いているということです

この10年を遡ってみても、雇用される人の数は全体で約200万人増えているにも関わらず、正規雇用者は約100万人減少、逆に非正規雇用者は約300万人近くも増えています

しかも今後15歳から64歳までの労働力人口は、2017年の7578万人から
10年後の2027年には7071万人(約500万人減)に減少すると言われています

さらに2030年には6875万人(約1000万人減)まで落ち込むそうです

若い労働力の希少価値は増して、若い人達を正社員として向かい入れる企業は増えるでしょう

逆に中高齢者の労働力は、今後ますます非正規社員として雇用し、企業はコストカットを図っていくと思います

現在、正規社員と非正規社員の賃金格差は約1.6倍違うと言われています

これは同じ業務で同じ時間働いても、非正規社員が時給1,000円だとしたら、正規社員は時給1,600円ということになります

1日8時間×600円×22日=105,600円

単純計算でも、同じ仕事をして1ヶ月10万円以上の賃金格差になります

政府は働き方改革の目玉として、同一労働・同一賃金を掲げていますが、実際にどこまでそれが浸透するのでしょうか?

ますます賃金格差が生まれ、将来高齢者の9割は貧困化するのではないかといわれています

あなたがそれ(貧困層)に入らない確率は何%ですか?

時代に流されて生きていくのも、人生を自分で切り開いていくのも自分自身が選択した結果です

あなたはこの先、どんな人生を選択しますか

人生の全てに成功の原則がある「成功の人格」

あなたは今後どんな人生の選択をする?


【未経験歓迎】アプリ開発、ゲーム開発、web開発、短期集中型の無料プログラミング&就活スクール

製造系の仕事を探す

薬剤師の方はコチラ

自分の可能性を知りたい人は


ホントに景気は回復しているの?最新、都道府県別求人&失業率ランキング
この記事をお届けした
失業保険.netの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする