無収入の場合の失業保険の給付額について

無収入の場合の失業保険の給付額について

退職前6カ月間の給料で給付額が変動

退職前6カ月間の給料で給付額が変動

退職前6カ月間の給料の合計が失業保険の給付額のベースになりますが、病気休業で退職前の6カ月間が無給だった場合はどうなるのでしょうか?

無給の場合は支給額が0円になるわけではなく、最低賃金をベースにします。自治体によっては病気休業前の金額をベースにしてくれるケースもあります。

給付額は6カ月間の給与の合計から基本的に計算されるとありますが、支給総額と手取り額のどちらのことでしょう。また、給与の中に家族手当、住宅手当などが含まれますが、この手当も対象になるのでしょうか?

ボーナス以外の残業代や休日出勤など全て含めた支給総額が対象です。そこには営業手当や住宅手当などの諸手当、国民年金や健康保険などの天引き分も入ります。

会社からの給与を以外にもマンションを所有しており、賃料が毎月12万円近くが入ってきます。この場合、他の会社員と同様の受給資格がありますか?

他の会社員と同様に受給資格はあります。ただし、所得が発生している場合は申請をして、受給額から収入分を差し引いて計算します。月12万円くらいになると、概算で数万円程度が失業保険として支給されます。

失業の影響でお金が足りないケース

失業時に貰える手当ては失業保険以外にありますでしょうか?

失業保険では会社都合で退職すると、自己都合よりも金額や期間がアップします。それ以外では公共職業訓練を受けることで、その日の昼食代や交通費は貰えます。

また、会社の寮を出て住む場所がなくなった場合、ハローワークで最高186万円を年利1.5%の低金利で借りることもできます。

会社を辞めても、住宅ローンは今まで通り支払わなくてはいけないのでしょうか?

住宅ローンは公的機関ではなく、個人と金融機関の契約ですので、失業の有無問わず、住宅ローンは支払う義務があります。

ただし、早めに融資を受けている金融機関に相談することで、返済を遅らせてもらえる可能性もあります。

ハローワークで再就職先を探しているのですが、中々採用されません。生活保護を受けることは可能でしょうか?

生活保護は最終手段になります。自前の資産もなくなり、貯金も底を突き、親族の支援も受けられない場合のみのセーフティーネットです。

もし、生活保護を申請する場合は、最寄の福祉事務所に相談をしてから、調査期間を得て受理されます。

失業保険全般の質問カテゴリの最新記事